ふしぎデザインブログ

デザイン事務所「ふしぎデザイン」の仕事や考え、メイキングなどを掲載するブログです。

設計→デザイン→制作

今回の作品では、手作りのものとしては初めて、CADで設計→二次元図面に書き出して指示図を作成→実際の加工 というステップを踏んでみている。要するに仕事でやってるプロセスのまねごとをしてみたんだけど、図面があると加工のときに迷いがなくていい。実際…

Pecha Kucha @Heineken Star Lounge

今週水曜、神宮前のイベントスペースで自作品についてのプレゼンテーションをした。なんでそんなすごいことになったかというと、プレゼンイベントPecha Kucha Nightに招待して頂いたからだ。Photo: Klein Dytham Architectureこのスペース「Heineken Star Lo…

大きな木

4月〜5月に撮った写真を現像してみたら、大きい木の写真がたくさん出てきた。木はかっこいい。何も考えずにただ生長していくところがいい。木以外のもので、こんなに大きいのに自然に受け入れられるものを知らない。木はずっと黙っているから、人間はついな…

親機と子機

引き続き電気で動くからくり楽器の制作中。前回の投稿ではソレノイド(電磁石)を動かすサンプルを紹介した。そのときはソレノイドの数は二つだったけど、最終的には8つになる予定。作品は電磁石を含む、動いて音を出す部分(子機)と、それらに指示をする部…

動くやつ作ってる

前回のポストの通り、今度の作品は電気で動く楽器です。似たものを一回作ったことがあるとはいえ、きちんと完成させるには計画が必要。作品には大きく分けて、①電気回路・プログラム ②機構(動く部分)の設計 ③外形のデザイン という3つのパーツがあって、こ…

演奏/再生

学生の頃、というか大学の卒業制作で電子楽器を作った。体感的な操作で演奏する、デジタルかつ原始的なフィーリングの楽器というコンセプトで、廃材やらベニヤやらを材料に沢山楽器を作ったのだった。とにかく毎日手を動かしてなんだかよくわからないものを…

ドローイングのタイトルについて/About name of Drawing

ちょっとしたご報告です。第二回電化美術、バイオメディアアート展で展示したドローイング作品の名前を変えることにしました。新しい名前は「Sound Flora」音の植物誌という意味です。もともとつけていた名前はデザイナーDavid Benqueさんによって使われてい…

春がやってきた

(写真は冬のときのものです)

バイオメディアアート展始まりました

先日のポストでもお知らせした通り、秋葉原のアキバタマビ21にて、「BIOART.JP―バイオメディア・アート展」が始まりました。昨日は展示初日&レセプションがあり、とても多くの方にお越し頂けました!友だちも沢山来てくれて、とても嬉しかったです。本当に…

BIOART.JPーバイオメディア・アート展 始まります

いよいよ今週末2/23から、秋葉原にあるギャラリー、アキバタマビ21で「BIOART.JP バイオメディアアート展」が始まります!上のイメージはフライヤーです。なんとキービジュアルのひとつとして取り上げて頂きました!---------- "生命を構成する細胞は、タン…

標本箱メイキング

1/19電化美術オフショット miimiにて

今週は風邪引いてたけど、やっとだいたい元気になりました。

標本箱の設計図

絵をおさめる額も自作します。標本箱のような、奥行きのある木の箱にするつもり。まずは設計図を描き寸法を決める。その後スチレンボードでモデルを作り、構造的に問題がなさそうなら材木を発注しよう。いつぞやのサンセイさんにお願いした方がハンズより安…

sketch1/11

今日は1がたくさん続く日だそうですよ。

秋〜冬の最近

Sound Flora2

新年一回目の更新です。今年はコツコツいろいろ作る、実力養成の年にしようと思います。変わらずよろしくお願いします!さて、2/23〜3/24日、3331 Arts Chiyoda内、アキバタマビで開催される「BIOART.JP ー バイオメディア・アート展」に音響植物画を出展し…

sketch12/31

ファンタジーの中の生物

先日の展示の会期中に、作品の参考になりそうだと二冊の本を紹介してもらった。別々の方からの紹介だったのだが、両方とも「空想上の生物」を緻密に描いた本だったという共通点がある。僕の作品がそういうものだったから当たり前といえばそうなのだが、自分…

The Poly

電化美術に出展したもうひとつの作品、The Polyの写真をきれいに撮り直した。会場は光が足りず記録写真的なクオリティしか出なかったので、明るいmiimiで腰を据えて撮ったら、だいぶよく見えるようになった。嬉しい。展示会場では、「ドット絵やローポリゴン…

第二回 電化美術展

第二回電化美術展、無事終了しました。いらしてくださった方ありがとうございます。今回もアットホームな雰囲気の中、なかなかの盛況でした!このブログでもたびたび取り上げてきたSound Floraと、ドット絵やローポリゴンを実体化したThe Polyという二つの作…

作品説明書いた

展示まであと少し。今日は会場で配る作品説明を書いた。昨日は板を大量に切ってもらう発注をした。図鑑のテキストも書かなきゃな。画像は三角シリーズのミドリバージョンです。(この写真だと色がちょっとおかしくなってる)これも展示が終わったらテーマ見…

Sound Flora

今日一日ずっとこれを描いていた。第二回の電化美術の展示まであと二週間。追い込みに入ってる。間に合うかな〜会場では、こんな感じの細密画に加えて、図鑑のような解説テキスト、さらに前回上げてたような植物標本をセットにしてびっしり展示するつもり。…

水琴窟シダのスケッチ

二つ目の音響植物のスケッチ。ビカクシダをベースに、木の枝などに着生する大きな壷のような植物を考えている。外側に見えるキャベツのような外殻葉の内側に、硬化した共鳴葉が収納されている二重構造。共鳴葉は球状の空間を持っており、そこには常に水が貯…

植物ハント

音響植物のスケッチに現実味を持たせるために、いろいろな植物のサンプルを拾い集めている。小さい頃から木の実を集めるのが好きだったので、大人になってもやっていることはほとんど変わっていない。この写真にある中で、上半分に写っているものは今まで集…

いい景色を探して

いい景色を探しています。別に名所旧跡でなくとも、なんとなく雰囲気の良い場所をいっぱい知っておきたい。フィルムカメラを持つようになってから、これいい景色だなーと思ったら写真を撮っておくようにしている。だいたい同じ場所でiPhoneでも撮るので、位…

秋の多治見旅行記

昨日から今日にかけて、陶器の町、多治見に遊びにいってきた。たつまくんという友だちが作陶の勉強をしているので、仕事場を見せてもらい泊めてもらおうという魂胆で出かけていったのだが、ものすごく良い場所だった。元々は作家の住居だったという、陶芸学…

10月半ばの制作メモ

今日はmiimiの搬入/オープンがあった。楽しかった!だけどちょっとまとめるのが大変なので、あえて別のことを書きます。ろうの型取り実験を繰り返して、だんだんきれいに複製できるようになってきた。当たり前のことだけど、失敗を繰り返すとだんだんよくな…

型取りサブリミナル

三連休でまとまった時間ができたので、12月頭にある電化美術の展示に向けて型取りを始めた。この間作っていた木のポリゴンを形取ってたくさん複製することで、手間を省きつつボリュームを出してみようと考えている。ロウは油絵具で着色できるらしいし、カラ…

sketch10/3

ブログ新ロゴと共同アトリエのこと

タイトルの通り、このブログの新しいロゴを作った。前回のもののマルチカラーを受け継ぎつつ、今度はタイポグラフィとしてよりビシッと見えるような感じにしてみたつもり。なっているだろうか。また、ステンシルができるようにそれぞれのパーツをちまちまと…