工業デザインの練習帳

1988年生まれの工業デザイナー秋山慶太のブログです。

共同アトリエ miimi design studioのこと


昨日今日はDIYでフローリングを作ったりしていた。
何かというと、共同アトリエのmiimi design studioの改装をしてたのだ。








デザインスタジオなんていう名前だけど仕事をしているわけではなく、週末のプライベートワークの作業場兼たまり場のようなものとして使っている。それぞれが勝手にやってきて作業をしたり、たまにみんなで集まって遊んだりもする。
メンバーは青野くん(@knob1111)、いでっち(@ideyuuuuuuusuke)ジミーさん(@jimmybury)小井沼さん(@momokoi)佐藤さん(@non_sat)と秋山(@keita_ak)の6人。みんなそれぞれいろんなメーカーや事務所で働いている。

そもそもの発端は、会社だけじゃなくて、プライベートでも何か作る場所が欲しいよねと話していたことから。メンバー数人の母校、多摩美プロダクト専攻の教室のような、ごちゃごちゃといろいろなデザインが行われている場所があったらいいなというところから始まり、アトリエとして使える部屋をみんなで探し、去年の10月にどうにか契約にこぎつけた。心の広い貸主さんのおかげで、機材もそろえて本格的な造形も(ある程度)できる環境が整ってきたのではと思う。場所は大阪市西区、靭公園の近くです。

昨日みんなでやっていたのは、靴を脱いで上がるくつろぎスペースを作る作業。
今までも机と椅子はあったのだけれど、単なる作業場だと何か目的がないと来られない。そういう意味で結構ストイックな場所だったのだけれど、多摩美のある橋本のアトリエ「F」の写真を見たりして、もうちょいたまり場っぽい所もあった方がいいよね、という話になった。
なんとなく遊びにいって、ちょっと話をしたり音楽を聴いたりするようなスペースというのだろうか。友だちの家っぽいというか、いい意味でだらっとできる場所ができたと思う。
ホームセンターで木材を買い、小上がり状のフローリングを敷き、ローテーブルと無印のクッションソファを置いた。これだけの作業は一人だとものすごく時間がかかるが、みんなでやったら一日でできてしまった。すごい。



これが改装前の状態で、




これが改装後。だいぶ広々した印象になりました。

バージョンアップしたmiimiでは、集まってハッカソンしたり、デンビの中田さんに貸してもらったプロジェクターで映画の上映会をしたり、音楽流したり、そうめん食べたりいろいろできるんじゃ!?と夢が広がってる。
何かやるときはたぶん告知もしますので、面白そうだなと思ったら遊びに来てみてください。