読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工業デザインの練習帳

1988年生まれの工業デザイナー秋山慶太のブログです。

展示「青春のエピソード」について

デザイン
展示「青春のエピソード」について

8月30日から、東京三ノ輪にあるスペース「undō」で、あけたらしろめとの二人展を行います。二人展といっても完全に二人で作業するわけじゃなく、オープンリールアンサンブルの佐藤公俊(きみちゃん)と電化美術の青野信仁(青野くん)を迎え、みんなでわいわい作る展示になります。



展示の内容はこんな感じ↓

206X年

ある日、12歳の少女メロは川で不思議な石を拾った。
一見ただの河原の石のようだが、よく見ると金属製の部品が埋め込まれている。
メロはなんだかこれが、自分にとってとても特別なモノのような気がして、
弟のシロと、友達のホルに見せることにした。

「青春のエピソード」は、近未来の架空の土地「サガミハラ」を舞台にしたある姉弟の物語を、イラスト、音楽、立体作品を通じて楽しんで頂ける展示です。
紙の上に描かれた物語に登場する「モノ」や「音」を現実世界に再現することで、ファンタジーと現実のさかいめを跳び越えられるような表現に挑戦します。
メンバーは、デザイナー秋山慶太とあけたらしろめを中心に、サウンドデザインにOpen Reel Ensembleとしても活動する佐藤公俊、デザインエンジニアに電化美術の青野信仁を迎え、それぞれのアプローチで青春のエピソードを描き出します。

夏の終わりに、青春を駆けるシロとメロに会いに来てください。

-----

こんな展示になります。面白そうだな、と思ったらぜひ遊びにきてください!

去年のキャラクター展でオギャアと生まれた表現が、震える足で立ち上がろうとするようなものになるはずです。
会場のundōは、マスターの川村庸子さんはじめ素敵なメンバーがそろっていて、ごはんは衝撃的にうまいしかき氷はあるしで最高です。また、undōで出会った超絶おしゃれイケメンデザイナーこと丸山学さんに今回の展示DMをお願いしています。(これからつくる)なんだか面白い人がいっぱい集まってくる場所ってたまにあると思うんですが、undōはまさにそれです。今回展示させてもらえることになり、とっても光栄です!

あとの問題と言えば、あともう半月くらいしかないことかな〜笑


8/30(土)〜9/14(日)
秋山慶太&あけたらしろめ展「青春のエピソード」
http://keitaakiyama.com
http://aketara-sirome.tumblr.com


いいものできるかな、作れるといい。