読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工業デザインの練習帳

1988年生まれの工業デザイナー秋山慶太のブログです。

植物ハント

デザイン

音響植物のスケッチに現実味を持たせるために、いろいろな植物のサンプルを拾い集めている。小さい頃から木の実を集めるのが好きだったので、大人になってもやっていることはほとんど変わっていない。




この写真にある中で、上半分に写っているものは今まで集めたもののお蔵出し、下半分はさっき靭公園で拾ってきたもの。都会の公園だからあんまり成果は期待できないかなと思っていたが、予想以上にいろんなものが落ちていて面白かった。




左はクスノキの実(たぶん)実を支える部分の枝がお椀状に膨らんでいてかわいい。右はサザンカの実で、種が落ちた後の殻の部分のみのもの。ツバキやサザンカの種を包む殻は、この前から絵を描いている弦のついた木の実のモデルになっているので、今日これが拾えたのはとてもラッキーだった。




タイサンボクの花床。(花の中心にあり、めしべとおしべが生える部分)じっくり見ると結構グロテスクな形をしている。熱帯の植物みたいだ。これも靭公園で拾ったもの。




エゾマツの松ぼっくり。高校の修学旅行で北海道に行ったときに拾ったもの。それ以来ずっと瓶に入れて保存していたせいもあってか、とてもきれいな状態だ。数学を感じる造形。


さて、スケッチ描きますか!!