工業デザインの練習帳

1988年生まれの工業デザイナー秋山慶太のブログです。

欲しくなるサウンドプロダクト5


前回の続き、ボンドで二つの材を貼り合わせました。 


下の材はまだ四角いままなので、上の板に合わせてノコギリで切っていきます。
































だいたい形になったところで、のみとごっつい棒ヤスリを使って底面を削ります。







大まかな形の完成。ここからは仕上げです。ペーパーの番手を徐々に細かくしながら、形と面を整えてゆきます。

































仕上げ後の状態です。400番でとりあえず仕上げは終了。もう少し細かい番手までやっても良かったかも。エッジに小さくC面をとっています。





手近にあったごま油で拭いて完成!だいぶ色の印象が変わります。
表面にはイチイ、底面にはカツラの材を使いました。

このイチイという材、針葉樹と広葉樹の中間のような風合いで
なんだか面白い木です。もともと赤みが強かったのですが、油をかけたら
さらに色が強調されてよい感じに仕上がりました。

本番の完成までは遠いですが、イメージが掴めてきました。
次は設定画と弦を張る部分の機構モデルを作る・・・予定です。